生活動線に合わせたキッチンのリフォームとは?

キッチンのリフォーム費用を抑えるならアウトレット品が狙い目!

実家の母がキッチンできつそう、嫁さんの身長に家のキッチンはあっていない。

水道の蛇口の作りがよくない。

シャワーのように使えるような蛇口にしたい。

コンロの数が足りない、作業スペースが足りない。

 

などなど色々不便に不便が重なって、いよいよリフォームするか!!

 

という風に家族会議で決まったりしたとして、予算には限りがありますよね?

I型キッチン系であれば、底値でいえば、40万前後~通常であれば80万前後高くて120万くらいでしょうか・・・

場所や設置条件や設置するキッチンによって違うとはいえ、目的の要素が備わっていたら、出来る限り安くして、余った予算は、家族旅行とか、美味しい料理の為のちょっと奮発した具材に使うとか考えたいですよね。

 

 

それ実現できる可能性あります!

リフォーム会社によっては、型遅れのシステムキッチンなどだと安く仕入れたりできるルートもあったりします。

またメーカーからも、処分品として仕入れる事もあります。

 

そういうのを、リフォーム会社にお願いしてみましょう。

 

合言葉は、

 

 

アウトレット!

 

メーカーとしても、型遅れのキッチンははやくさばきたい。

リフォーム業者も、そういう型遅れのキッチンでも用途としては問題ないので、受注する際の見積もりを安く抑えながら利益率はそのまま確保したい。

という気持ちがあります。

アウトレット品なので、必ず在庫があるわけでもありませんので、幾つかのリフォーム業者に相見積もりをして金額の相場を知った上でそれぞれにアウトレット品があるかないかを聞いてみましょう。

思ってなかったような掘り出しキッチンがでてくるかもしれません。

 

ただし、アウトレット品の場合は、選べるオプションが少なかったり、在庫の兼ね合いで、オプションがつけれなかったりなどがあります。

そのオプションの中には天板の仕様を変えるオプションがあっても、アウトレット品では特定の天板しか無いというのも可能性としてあります。

できることならその天板の質感などは、見本や、展示場などがあれば触らせてもらって体感してみましょう。

 

それでよくて、金額も折り合いが付けば、あとは保証とかの細かい所を確認して安く契約の完了です!

北九州市小倉北区でで激安リフォーム業者を探すならRoomBit【ルームビット】がおすすめ

 

 

関連記事

I型キッチンにリフォームするメリットとデメリットとリフォームの注意点を知ろう!